LINKS
PROFILE
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS
 
手染めしたオリジナルの布に、風景や花などをキルトした額絵のギャラリーです
ソーイングイラストレーション・・・秋に揺れる

秋になりました。2017年の四季ははっきりしたもので、

昨日までは夏、今日から秋!そんな具合の北海道です。

 

 

| 半切サイズ(作品A3) | 02:44 | comments(0) | - | - | - |
夏草
タイトル  夏草



夏の終わりの山には青い色の花がさく。
リンドウです。その中でもこれは「エゾオヤマノリンドウ」
先端にだけ花をつける高山植物です。

この時期はタイミングが悪くてこの風景にはなかなか出会えることがありません。
夏の終わりであっても深い緑の風景の中にこのリンドウはどんな風景を私に見せてくれるのか・・
涼しい北海道の夏、
周囲にはプンプン秋の気配を漂わせている中、
まだ季節は夏なんだよ、と青い花は咲いていることでしょう。

想像して描くのも楽しいもので、
いつかはこの風景を実際に見たい!!という宿題が出来ました。
| 半切サイズ(作品A3) | 16:18 | comments(0) | - | - | - |
小さな赤い山
タイトルは [新生1945]



北海道の道南にある 昭和新山を有珠山から見下ろしたスケッチ布絵です。

季節は初夏なのですが、中央には赤い肌の小さな山と、左には洞爺湖、右には畑と小さな集落がポツネンとあるくらい。



田舎の風景です。



背後には 荒々しい有珠山の火口がありますが、それも今は穏やかです。

海が近く湖も近いと初夏の時期は霧の濃い日が多いのです。
前日も雨が降りましたが、少しの晴れ間を縫ってロープウェイに久しぶりに乗って小高い山頂へ行きました。

今は静かな何のこともない風景が、あと数年経てばまた、あの猛々しい噴火が必ずやってくる。

自然の力を肌で知っている身近な場所です。

昭和新山は1945年、日本が終戦を迎える頃、じゃがいも畑からたった2年間で盛り上がり噴火した火山です。
戦争の真っ只中だったこともあり火山の研究家たちはここにきたくても来られない、話題にしたくてもできない当時の事情があったようです。三松さんという方が一人で地道に観察記録してきたことで知られる活火山です。

昔は平地から赤い地面を滑りながら登った記憶がありますが、今は公園になってとても綺麗です。

5.6月にはツツジが綺麗に咲いています。
| 半切サイズ(作品A3) | 00:57 | comments(0) | - | - | - |
4月の額絵 新緑
北海道の春は本当に待ち遠しい。早く春にならないか・・・
あまりに長い冬が春という季節を一番の宝物のように感じさせます。



草木が芽吹いて若葉の緑が愛おしげなこの季節はアッという間に通り過ぎてきます。
待ち望んだ嬉しい時も北海道はすぐに初夏へと移り変わります。

そんな一瞬を描こうとした作品です。
| 半切サイズ(作品A3) | 22:00 | comments(0) | - | - | - |
秋は
JUGEMテーマ:アート・デザイン


タイトル・・・秋は



10月の布絵は紅葉風景です。

場所は北大植物園あたり。札幌市内近隣の風景を制作しているシリーズです。
手前にあるのがコルチカムという花で…

調べてみるとこの花の球根には毒があるらしく、食べてはいけません。誰も食べないとは思いますが・・・

一度植えるとどんどん増えていくのだそうで生命力の強い花です。
植物園にも群生していました

薄紫色のまるで「大地の妖精」のようなかわいい花です。
| 半切サイズ(作品A3) | 21:33 | comments(0) | - | - | - |
カタクリ
 

Sewing illustration 「花シリーズ」カタクリ

この作品は、野山にゆっくりと春を告げる花、カタクリです。
4月の中旬から下旬にかけて野山に群生します。何処にでもあるわけではありません。
2012年の春には旭川市郊外行きましてやっと念願のカタクリの群生を見ることができました。
オドリコソウと一緒に群生してそれはとても可憐な花です。

広く続くその群生の一部をカットする形で描いてみました。
まるでとても大きな花のように描いてしまいましたが、本当は小さくて恥ずかしげに咲く花なんです。
br>
| 半切サイズ(作品A3) | 11:20 | comments(0) | - | - | - |
Sewing illustration スイセン
 春を告げる花・・・スイセン


水仙の花言葉はあまり好きではないのですが、
ギリシャ神話のナルシスが語源となっていて「自愛」だそうです。

それでも春先に花壇や路地に咲く花です。
むろん北海道ではまだまだ先のことですが。

可憐なのに力強さを感じます。

この絵に関して言えば、踊るスイセン、っというところでしょうか。
絵を眺めているとあのエグザイルのダンスが見えてきて、笑ってしまいました。


| 半切サイズ(作品A3) | 21:27 | comments(0) | - | - | - |
KOTO−HAJIME
 ソーイングイラストレーション  koto-hajime

1月のソーイングイラストレーションです。
センリョウ、一種類のイラストです。
年の初めの「KOTO-HAJIME」
気持ちも新たに制作した一枚です。


| 半切サイズ(作品A3) | 10:00 | comments(0) | - | - | - |
旧カールレイモン邸
旧カールレイモン邸

額のサイズ半切サイズです。
函館の風景が好きで(誰もが結構好きだと思いますが)

法邑ギャラリーでも展示した作品です。
| 半切サイズ(作品A3) | 12:46 | comments(0) | - | - | - |